CSA,クラウド・ユーザーの能力認定試験「The CSA Certificate of Cloud Security Knowledge (CCSK)」の実施を発表

クラウド・セキュリティ・アライアンス(CSA)のサイトにThe CSA Certificate of Cloud Security Knowledge (CCSK)のプレスリリースが出ています。
http://www.cloudsecurityalliance.org/pr20100728.html
FAQによると,個人のクラウドセキュリティ問題に対する能力を測るウェブベースの多肢選択方式の試験で,2010年9月1日に開始する予定であること,料金が195US$であること,CSA Guidance V2.1(英語版),ENISAの「Cloud Computing: Benefits, Risks and Recommendations for Information Security」をカバーしているとのことです。CSAは,クラウド・コンピューティング利用について教育プログラムの提供も目的の一つにしていますから,CCSKはその一環ということでしょう。
前提としてリスク自体を知らなければ,それを回避することなど不可能ですから,クラウドの提供者側も,クラウドの利用者側も,クラウド・セキュリティに関する知識を身につけることは重要です。
泡沫的なクラウド・ベンダー,リスクを知らず利用するクラウド・ユーザーの発生は,クラウド・コンピューティングの適切な発展を妨げるだけでなく,大きな災害をひき起こすおそれがあります。