身近な相談場所

法律相談を気軽にできる場所や人を確保しておくことが必要と書きました。
本日はインターネットにまつわる法律問題が起こったとき、相談できる場所を紹介します(名称から各機関のサイトに飛べます)。
法テラス

総合法律支援法に基づいて国が設置した機関で、相談を聞き、適切な相談場所を案内したり、法律実務家への相談、委任にかかる費用などを援助したりしています。福岡には、福岡市と北九州市に法テラスの運営している法律事務所もあります。

国民生活センター

独立行政法人で、消費者情報の収集・分析・提供や消費者トラブルへの対応、相談受付などを行っています。
大分市の場合、五番街にあるライフパルがそうです。

大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」

大分県の施設で、消費者トラブルの相談も行っています。

弁護士会法律相談センター

弁護士会では、各都道府県の各地で法律相談センターという相談会を定期的に開催しています。
大分県弁護士会の場合、インターネットトラブルなどの一般的な法律相談については、30分5000円で受けることができます。
大分県弁護士会法律相談センター
福岡県弁護士会

ハイパーネットワーク社会研究所ネットあんしんセンター

大分県にある財団法人で、地域情報化や情報モラル、情報セキュリティ、オープンソースの活動などといった分野で大分県から全国的な活動を行っている団体です。同研究所のネットあんしんセンターでは、情報モラルや情報セキュリティに関する相談窓口が設けられています。

各都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口

不正アクセス、誹謗中傷による侮辱、名誉毀損、業務妨害、著作権侵害など、サイバー犯罪に関する相談はこちら。

法務局 人権擁護課(九州)

法務局の人権擁護課でも、人権侵害に関する相談を受け付けています。

なお、当事務所におきましても、インターネット、パソコンなどのIT関係紛争の法律相談を受け付けております。相談は30分5000円。毎月1回無用相談会も行っています。大分事務所では、毎月第3日曜日午後1時~5時、日田事務所では,毎月不定日(次回8月11日)午後1時~5時です。