ホームページ作成業務をリースで提供されている業者の方へ

 今回は、ホームページ作成業務をリース契約で提供されている業者の方への御願いです。
 これまでの記事で既に申しましたとおり、ホームページ作成業務をリース契約を使用して提供することには、いろいろな問題があります。
 実際、ホームページ・リースに関しては、サプライヤーやリース会社を相手取り、訴訟に発展しているケースも存在します。
 この記事を見ている御社の技術を私は知りませんが、御社のホームページ作成技術は、あるいは世界に誇れるものかもしれません。
 しかし、このような契約形態で、その技術を提供することにより、御社の社会的な評価が低下することもありえます。
 ユーザーによっては、リース契約によるホームページ作成を望む人もいるかもしれません。しかし、そのユーザーは、もしかしたら、リース契約がどんなものか分かっていないかもしれませんし、リスクが分かっていないかもしれません。
 どうか、リース契約を締結する際には、リース契約の利点だけではなく、リスクも十分に説明し、通常の請負契約との選択肢を示したうえで、ユーザーに判断の機会を与えて下さい。
 宜しく御願い致します。